25日(2018年8月)から26日にかけて放送された日本テレビ系の「24時間テレビ」。この番組で毎回注目を集めるのが総合司会を務める水卜麻美アナのチャリティーTシャツのサイズだ。ぽっちゃり目の水卜アナがSSサイズを着ると、ムチムチ、パツパツになるので、密かに楽しみにしている男性陣が多い。

25日の番組開始30分前、スッキリのスタッフに「Tシャツ、少しゆったりしていません?」とツッこまれると、「SSを着たいと言って、結果Sを着ているんですけれども...。等身大でいこうかな」とモゴモゴと説明していた水卜アナだが、「......というのはウソで、減量が間に合っていないんです。まだ(翌日の)日曜日があるので、どこかで1回SSサイズを着たいと思っています」と話した。

実は...秘密の時間帯にパツパツ、ムチムチに

番組では障がいのある中高生とのオーケストラ企画に参加するなど数々の場で活躍した水卜アナ。無事演奏を終え「最高の演奏ができた」と笑顔で話した。

ところで、SSサイズのTシャツは結局......?

水卜アナ「24時間テレビの、ある時間からある時間までSSサイズにチャレンジしました。もし私のTシャツ問題に注目している人がいたら、『あ、この時間だけ様子がおかしいな』っていうところがあったと思います」

録画している人は間違い探しの要領で、水卜アナのTシャツがいつ入れ違ったのか探してみては?

司会の加藤浩次「いつだったの?」

水卜「2日目の朝です。朝から昼くらいにかけて肩を上げにくい時間帯がありました。画面に映った自分を見て、『これはまずい』と思って脱ぎ捨てて(Sサイズに)変えました」

加藤「え?そうなの? 気づいた人いた?」

水卜「うちの母くらいだと思います」

ピノコ