担架で運ばれてピッチをあとにしたマイケル・キーン

写真拡大

 エバートンは26日、元イングランド代表DFマイケル・キーン(25)が頭蓋骨骨折と診断されたと発表した。ただ骨折は軽微なもので、全治は3週間から4週間。合併症の心配もないという。

 同選手は25日のプレミアリーグ第3節のボーンマス戦に出場したが、味方選手との接触により、後半アディショナルタイムに担架で運ばれて負傷退場していた。

 クラブを通じてキーンは「出来るだけ早くピッチに戻りたい。エバートンとボーンマスの医療スタッフ、そして優れた治療技術を持つ病院スタッフのすべてに感謝したい」とコメントを出した。