厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第14回:カントル

 すべての競走馬が目標とする3歳クラシック。その一生に一度の舞台のなかでも、頂点に位置するのが、例年5月末に行なわれるGI日本ダービー(東京・芝2400m)だ。

 今春、このレースを制して栄光をつかんだのは、福永祐一騎手が手綱を取ったワグネリアン(牡3歳/父ディープインパクト)だった。

 昨年7月にデビューしたワグネリアンは、かねてから「大物」と評判だったヘンリーバローズとデビュー戦で激突。新馬戦らしいスローペースの展開のなか、直線に入るとその2頭が早々に抜け出して、最後は3着以下を5馬身も引き離すマッチレースを見せた。

 そして、熾烈な2頭の叩き合いを制したのは、ワグネリアン。上がり32秒6の末脚を駆使して、ライバルをハナ差退けた。

 その後、ワグネリアンはオープン特別、GIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)と連勝。クラシックの最有力候補に躍り出た。

 しかし、明けて3歳になると、始動戦となったGII弥生賞(中山・芝2000m)で2着、クラシック第1弾のGI皐月賞(中山・芝2000m)では7着と、まさかの連敗を喫した。

 とりわけ皐月賞では、弥生賞で苦杯を舐めた最大のライバル、ダノンプレミアムが直前に出走を回避。1番人気に推されながら、見せ場なく馬群に沈んで、多くのファンを失望させた。

 迎えたダービー。その皐月賞の結果を受けて、ワグネリアンは5番人気まで評価を落としていた。だが、同馬はこの最高峰の舞台で”真価”を発揮した。

 これまでは中団から後方にかけての位置取りでじっくりとレースを進め、最後の切れ味勝負に徹してきたが、この日は外枠発走から先団につける積極的なレースを披露。直線を迎えて早めに仕掛けると、逃げる皐月賞馬のエポカドーロと激しく競り合って、最後は半馬身差をつけて先頭でゴール板を通過した。

 皐月賞での雪辱を見事に晴らして、世代の頂点に立ったワグネリアン。鞍上の福永騎手も悲願のダービータイトルを手にした。

 ワグネリアンには今後のさらなる活躍が期待されるが、このダービーの勝利によって、一段と注目を集めることになったのは、デビューを控えた2歳馬の全弟である。

 栗東トレセン(滋賀県)の藤原英昭厩舎に所属するカントル(牡2歳/父ディープインパクト)だ。


兄ワグネリアンに続く活躍が期待されるカントル

 デビュー前の育成はノーザンファーム空港牧場で行なわれ、担当スタッフの大木誠司氏は、今春の取材でその様子をこう語っていた。

「カントルは、飛びのきれいな馬で、ディープインパクト産駒らしさを感じますね。バランスがよくて、走りにブレがありません。軽さとバネがあって、やはり(兄と同じく)いい切れ味を持っていそうな印象があります」

 兄のワグネリアンは450kg台と、牡馬としては比較的軽めの馬体だった。そこはカントルも同様で、体のサイズは決して大きいほうではないそうだ。大木氏が続ける。

「育成では少し非力な面も見られましたが、体はまだこれから成長していきそうな雰囲気があります。それに、何より大きいのは、育成を始めたときからずっと、(すべてが)順調に進められてきたことです」

 当初の予定どおり、カントルはすでにゲート試験を合格。この秋のデビューを目指している。 ダービー馬の弟として、入念な調整を重ねるカントル。兄ワグネリアンとともに、秋以降の競馬シーンを盛り上げていくのか。まずはその初陣に注目したい。