終了間際PKで接戦をモノにした森保ジャパン。韓国メディアは「「マレーシアに脂汗をかいた日本」と報じた。写真:徳丸篤史

写真拡大 (全2枚)

 U-21日本代表は8月24日、アジア大会の決勝トーナメント1回戦でU-23マレーシア代表と対戦し、1-0で勝利した。この結果は、韓国でも報じられている。
 
「日本、マレーシアに1-0でギリギリ勝利…どうにか8強進出」(『OSEN』)
「“終了直前にPKゴール”日本、マレーシアを1-0で制圧…サウジ出てこい!」(『sportalkorea』)
「“2020東京を見据えて”U-21でアジア大会臨んだ日本、マレーシアを破り8強へ」(『スポーツトゥデイ』)
 
 といった具合で、試合展開を詳しく振り返るメディアも多い。「マレーシアに脂汗をかいた日本、ゴールポストが3度も救った」とヘッドラインを置いたのは、『スポーツ韓国』だ。
 
 記事は、日本はボール支配率でマレーシアを上回り全般的に主導権を握ったが、マレーシアを圧倒することはできなかったと報道。チャンスを活かせなかった要因として、「身体を張った相手の守備とGKの好セーブ、そして不正確なシュート」を挙げ、「ゴールポストに3度も阻まれたマレーシアの不運」と「試合終了間際にPKを得た日本の幸運」が重なった結果、日本は勝利できたと締めくくっている。
 
 また、『SPOTVNEWS』は、日本はポゼッションサッカー、マレーシアはカウンターサッカーを展開したとして、「両チームのカラーは明確だった」と分析。そのうえで、日本はマレーシアの守備をなかなか破れず、後半には体力切れから集中力も落ち、マレーシアに脅かされる場面も多かったとして、「日本はかろうじて8強進出を決めた」と綴っていた。
 
 日本選手の活躍も取り上げられている。特に、前田大然と旗手怜央にスポットライトを当てる記事が目立っている印象だ。
 
『InterFootball』は、試合開始直後から「激しい攻防戦が繰り広げられた」と振り返りながら、そのなかでも前田は「鋭利なシュートを放つなど、存在感を見せていた」と評価している。
 
 そのほかにも、「前田は素早いスピードでマレーシアのゴール前の守備を突破した」「旗手は鋭いシュートでゴールを狙った」と報じた『OSEN』など、ふたりの活躍には韓国メディアも注目している。
 
 一方、韓国を引き合いに出すメディアも見られる。
 というのも、韓国はグループリーグ第2戦でマレーシアと対戦し、1-2で敗れている。そんな経緯があるだけに、「日本、“韓国を破った”マレーシアに苦戦」(『sportalkorea』)、「日本、韓国を下したマレーシアに勝利した秘訣は?」(『日曜時事』)など、韓国と比較するメディアもある。
 
 前出の『スポーツ韓国』も、「マレーシアは韓国が“衝撃敗”を喫したチームだ」と振り返ったうえで、「そのマレーシアを相手に日本がどんな結果を得るか、韓国にとっても気になる試合だった」と報じていた。
 
 マレーシアに勝利し、ベスト8に駒を進めた日本。次戦のサウジアラビア戦(27日)にも、「韓国vsウズベキスタン、サウジアラビアvs日本、“ビッグバン”」(『sportalkorea』)と、韓国メディアは今から関心を寄せている。
 
文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)