「動くものは何でも死ぬ」イエメン新たな激戦地で再三にわたる空爆

ざっくり言うと

  • 22日と23日、イエメン北西部ホディダ近郊が空爆を受けた
  • 22日には13人が死亡し、23日には子ども22人を含む30人が死亡したという
  • 同地区の住民の1人はCNNの取材に「動くものは何でも死ぬ」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x