ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「夏競馬のGI」ともいえる札幌記念が終わり、第100回という記念大会だった甲子園の幕も閉じて、いよいよ夏の終わりを迎えようとしています。

 そして今週の札幌競馬場では、日本のトップジョッキーと世界選抜の名騎手が一堂に介し、ハイレベルな熱戦によって夏の終わりを彩る『ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)』が行なわれます。

 前身となるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)同様、世界のトップジョッキーたちが魅せる巧みな騎乗技術とせめぎ合いは、とても見応えがあります。競馬は走る馬が主役ではありますが、走らせているのは人間だ、ということを強く思い知らされるイベントでもあります。これは、馬券を検討する際にも、重要なファクターとなるでしょう。

 その札幌で行なわれる今週の重賞は、GIIIキーンランドC(8月26日/芝1200m)。WASJが開催されているだけあって、トップジョッキーが勢ぞろいしています。ここは、そのジョッキーを中心に考えてみても面白いと思います。

 まずは、なんといってもジョアン・モレイラ騎手。現在は短期免許を取得して日本で騎乗していますが、来日するたびにその手腕には驚かされています。

 モレイラ騎手が今回手綱を取るのはナックビーナス(牝5歳)です。

 ナックビーナスは昨年の3着馬で、以降もダート戦に臨んだ地方交流重賞の東京盃(9着。大井・ダート1200m)を除けば、重賞でも安定した走りを見せてきました。今春のGI高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)でも3着と好走。現在のスプリント戦線でトップ争いを担っている1頭といえます。

 ただ、大きく崩れることはないものの、昨年のレース以降に出走した芝レースの7戦中、勝ったのはオープン特別の1戦のみ。勝ち味に遅いイメージがありますね。

 そんな馬の鞍上を務めるのが、モレイラ騎手。当然、注目でしょう。

 今やすっかりお馴染みの姿になりましたが、「マジックマン」の異名を持つモレイラ騎手は、そのマジックのような手綱さばきで、日本でも数多くの鮮やかな勝利を魅せてくれています。

 以前にもお話しましたが、どんな馬に乗っても、鞍はまりが抜群。また、柔らかい手首を巧みに使って馬をコントロールしている、その技術は特筆モノです。生まれ持ったセンスなのでしょうか、どんな馬でも(勝ち負けに)持ってきてしまう雰囲気を感じます。

 はたして今回、勝ち味に遅いイメージのナックビーナスにはどんな”マジック”を使うのか、本当に楽しみです。

 モレイラとくれば、次はやはりクリストフ・ルメール騎手です。なんといっても、今の札幌開催では、モレイラ騎手と熾烈なリーディング争いを展開。ふたりがワンツー、あるいはワンスリーでフィニッシュを飾るシーンも非常に多いです。

 ルメール騎手がここで手綱を取るのは、GII京王杯スプリングC(5月12日/東京・芝1400m)でレコード勝ちを収めたムーンクエイク(せん5歳)です。京王杯SCで初めてマイルより短い距離のレースに出走しましたが、マイル戦のときよりも、溜(た)めの効いた決め手を繰り出せていたと思います。

 これは、この馬の短距離適性の高さを示すものかもしれません。今回はさらに距離が短縮されますが、マイナス面はないように感じます。逆に、適性の高さをより見せつける可能性がありますね。

 懸念があるとすれば、最も重い58kgという斤量でしょう。短距離戦のほうが、斤量差の影響は大きいですからね。しかしそれでも勝つようなら、秋の大舞台、GIスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)でも”主役”になり得るでしょう。

 モレイラ、ルメールとくれば、次にくるのはミルコ・デムーロ騎手。キーンランドCで騎乗するのは、キャンベルジュニア(牡6歳)です。今回が初騎乗になりますね。

 先に触れた、京王杯SCを制したムーンクエイクの2着となった同馬。この馬もまた、今回が初のスプリント戦となります。その走りからは、ムーンクエイクほどの適性は感じませんが、手綱を取る騎手のことを考えれば、やはりこの馬にも注意が必要でしょう。

 この他、日本人騎手も武豊騎手をはじめ、戸崎圭太騎手、福永祐一騎手、田辺裕信騎手、岩田康誠騎手ら、リーディング上位騎手が顔をそろえています。そうした面々のなかで、実は北村友一騎手にもっとも注目しています。

 北村友騎手はこの夏の主戦場は小倉で、同開催のリーディングを争っています。大事な終盤を迎えて、できれば腰を据えて小倉で騎乗したいところでしょう。

 しかし今回、土曜日は小倉で騎乗するものの、日曜日には札幌へ遠征します。そのお目当ては、キーンランドCで手綱を取るダノンスマッシュ(牡3歳)でしょう。

 そこまでするのですから、この馬にはかなりの感触をつかんでいるのだと思います。まだ「トップジョッキー」と言われるほどの地位は築いていませんが、北村友騎手がどんな騎乗を見せてくれるのか、楽しみです。



条件合うデアレガーロにも勝機は十分ある

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、昨年は前述のナックビーナスの手綱を取っていた横山典弘騎手が騎乗するデアレガーロ(牝4歳)を取り上げたいと思います。

 この馬の前走の鞍上は、モレイラ騎手。なんと、今回はふたりがスイッチしたような格好です。こうなったのはさまざまな理由があると思うのですが、どんな理由があれ、横山典騎手の立場なら、ここは力が入るでしょうね。

 しかも、デアレガーロはチャンスを秘めた存在です。洋芝適性があり、短距離適性も高いです。あとは、乗り方ひとつ。

 前走のUHB賞(4着。8月5日/札幌・芝1200m)では、4コーナーで不利があって、もったいない競馬でした。ああいう敗戦をしたあと、乗り替わりで騎乗する横山典騎手は、よく好結果を出している気がします。まるで「俺にやらせてみな」といった雰囲気を感じさせます。 まさしくここは、そうしたムードが充満しています。モレイラ騎手で勝てなかった馬を勝たせることができれば、彼の評価はさらに上がることでしょう。そういう意味でも注目ですし、どういったレースぶりを披露してくれるのか、期待が膨らみます。