米で500人以上が食中毒 マクドナルドのサラダに寄生虫が混入

ざっくり言うと

  • 米国のマクドナルドで5月20日〜7月21日にかけ、食中毒が発生した
  • サラダに混入した寄生虫が原因とされ507人が感染、うち27人は入院中という
  • マックは7月、サラダの販売を約3000店で中止し、材料の調達先を変更した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x