特急車内の座席足置きで指切断のけが 乗客が損害賠償求め提訴

ざっくり言うと

  • 特急車内の座席足置きに指を挟まれ、切断するけがを負った60歳代の女性
  • 運行会社に対し、計4200万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した
  • 女性側は、足置きの不具合を発見、改善する義務を怠った、と主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x