選手から盛大に水を浴びせかけられる森保一監督

写真拡大

 A代表とU-21日本代表の森保一兼任監督が23日、50歳の誕生日を迎えた。練習後には報道陣から50本のバラが贈られ、選手からは盛大に水を浴びせかけられるなど、練習場は祝福ムードに包まれた。

 ジャージを濡らしたまま報道陣の前に姿を現し、改めて誕生日を祝福されると「ありがとうございます」と満面の笑み。「一緒に戦う仲間と50歳の誕生日を迎えることができて非常に幸せです。皆さんにも祝って頂きましたし、本当にありがたい限りです」。選手からバケツで水をかけられたことには「Jリーグで監督をやっているときも、日本一イジられる監督だと思っていたので。いろんな部分をさらけ出してくれて、自分にぶつかってきてくれるのは嬉しい」と答えると、50歳の抱負を語った。

「自分でも予想が立たない、予測できないところが正直あるけど、コツコツ前進していこうと思っているので、目の前のやらなければいけないことに集中してやっていきたい」

 翌24日には決勝トーナメント1回戦マレーシア戦が行われる。グループリーグ第2戦で韓国を2-1で下したように、「今のマレーシアは非常に自信を持って戦ってくると思う」と要警戒。特にカウンターには注意を払いつつ、「我々も受け身にならず、相手と互角に戦ってファイトする姿勢を見せて上回っていければと思う」と続けた。

 負けたら終わりの一戦。「一人ひとりが持っている力を存分に発揮し、チームとしてGL3試合よりも成長した試合を見せられるように、チームとして持っている力を出し切れるように、選手には思い切ってやってほしい」と成長した姿を披露して、ベスト8進出を目指す。

(取材・文 折戸岳彦)