夏競馬も残り2週。札幌競馬場では、スプリント戦のGIIIキーンランドC(芝1200m)が8月26日に行なわれる。

 GIスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)を見据えた馬たちも、ここから何頭か始動するとあって、今後を占ううえでは見逃せない一戦だ。そして何より、非常に”荒れる”重賞ゆえ、「穴党」にとっては夏競馬を締めくくる”勝負レース”となる。

 重賞に格上げされた2006年以降、1番人気が勝ったのは、わずかに1回。過去12回のうち9頭は3着以内を確保しているものの、1番人気にとってはある意味で”鬼門”のレースと言える。昨年も12番人気のエポワスが大金星を挙げ、2015年には8番人気のウキヨノカゼが、2008年には16番人気のタニノマティーニが勝利して、大波乱を起こしている。

 今年は前評判によると、豊富な実績を持つレッツゴードンキ(牝6歳)や、安定感のあるナックビーナス(牝5歳)あたりが人気になりそうだ。だが、デイリー馬三郎の木村拓人記者は、この2頭について「全幅の信頼は置けない」という。

「レッツゴードンキとナックビーナスの2頭は、どちらも”勝ち切れない馬”ですよね。特にナックビーナスは昨年のこのレースが3着で、今年も重賞ではここまで4戦して、5着、2着、3着、3着と、もうワンパンチ足りない。

 そこで今回、その不足分を補う意味でジョアン・モレイラ騎手を鞍上に起用。それゆえ、人気にもなるんですが、逆にそこにスキがあるのではないか、と持っています。

 というのも、意外にもモレイラ騎手は、短い距離のレースで人気馬に騎乗して取りこぼすことが多いんです。日本ではもう少し距離があるレースのほうが、フィットしやすいんじゃないかと見ています」

 確かに、先の日曜日も札幌の最終レース・小樽特別(8月19日/芝1200n)において、モレイラ騎手は1番人気のマイネルパッセに騎乗して8着に敗れた。さらに、今回のレースにも出走するデアレガーロ(牝4歳)の前走・UHB賞(8月5日/札幌・芝1200m)で鞍上を務めたが、圧倒的な人気を得ながら4着に屈している。

 一方で、日刊スポーツの太田尚樹記者は、戦いの場をスプリント戦へ移してきた”新参”2頭に疑いの目を向ける。

「疑問視するのは、GII京王杯スプリングC(5月12日/東京・芝1400m)の1、2着、ムーンクエイク(せん5歳)とキャンベルジュニア(牡6歳)です。ともに人気を集めそうですが、どちらも1200mは初挑戦。洋芝でのレースも今回が初めてですからね。

 鞍上はムーンクエイク(藤沢和雄厩舎)がクリストフ・ルメール騎手、キャンベルジュニア(堀宣行厩舎)がミルコ・デムーロ騎手と、名手と名門厩舎のタッグといえども、絶対的な信頼は置けません」

 では、どういった馬が波乱を演出するのだろうか。太田記者はこう分析する。

「データとしては、牝馬や3歳馬など斤量の軽い馬が活躍しています。最近5年間は、連対馬10頭のうち9頭が斤量54kg以下でした。洋芝でパワーを要する分、重い斤量は結構響くのかもしれません」

 そして太田記者は、今年のメンバーでは3歳馬に注目する。


スプリント戦では底を見せていないトゥラヴェスーラ

「まず気になるのは、トゥラヴェスーラ(牡3歳)です。前走の葵S(5月26日/京都・芝1200m)では、”行った、行った”の前残りのレースにあって、後方から鋭く脚を伸ばして2着同着になるところまで突っ込んできました。

 レース後、鞍上の福永祐一騎手も『道中で置かれて、直線の反応もあまりいいものではなかった。それでも、前残りの展開の中で(見事に)差してきている』と評価していました。福永騎手は先週の札幌記念を制覇。その手腕にも期待が持てます。

 1200m戦では3戦3連対と、まだ底を見せていないのも魅力。前走で2着を分け合ったラブカンプーはその後、GIIIアイビスサマーダッシュ(新潟・芝1000m)で2着、GIII北九州記念(小倉・芝1200m)で3着と、古馬相手にも好走しています。トゥラヴェスーラも、ここで通用する力は十分あると踏んでいます。

 もう1頭は、ダノンスマッシュ(牡3歳)。こちらも、要注意でしょう。父ロードカナロアと同じ安田隆行厩舎所属で、担当するスタッフも同じです。

 そしてその岩本龍治助手が、ダノンスマッシュについて『乗り味がいいし、(ロードカナロアと)似ていると思う。やる気のないハッキング(※軽めのキャンター)なんかはそっくり』と証言。そんな、偉大な父と比較した話を聞くと、ますます食指が動きます。

 もともと素質を高く評価されていた馬で、昨年のGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)でも5着と好走しました。ただ、出遅れが多くて、その後はもどかしい結果が続いていました。それが、最近になってゲートが安定。前走の函館日刊スポーツ杯(7月21日/函館・芝1200m)では、初の1200m戦にも難なく対応して完勝しました。

 3歳春に距離を詰めてから、5連勝を果たした父と重なるところもあります。のちに、同馬も父のようなGI馬となれるのか、今回はその試金石となる一戦でしょう」

 片や、木村記者は”モレイラ騎手に乗り替わり”ではなく、”モレイラ騎手から乗り替わり”という馬を推奨する。

「(前述の)デアレガーロです。前走のUHB賞は、モレイラ騎手にしては珍しく、3〜4コーナーにかけて大外をぶん回す騎乗をして、ロスが大きくなりました。終(しま)いの切れ味勝負で分が悪くなったのは、それが影響したのでしょう。

 前走後は一旦短期放牧に出しましたが、体は緩めておらず、前走よりもシャープな動きを見せています。今度は、この馬本来の切れ味が発揮されるのではないでしょうか。

 これまでのレースぶりから、重賞レベルにあるのは間違いありません。洋芝の適性も、今回のメンバーの中では高いほうだと思います。

 適性という点ではもう1頭、気になる馬がいます。タマモブリリアン(牝5歳)です。デルレガーロ同様、時計のかかる洋芝では崩れないので、要注意だと思いますよ」 夏休み最後の重賞。”万馬券”という名の大きな花火を打ち上げて、フィナーレを飾るのはどの馬か。ここに挙げた4頭は、間違いなくその有力候補だ。