台風20号は強い勢力のまま今夜23日(2018年8月)に四国・徳島付近に上陸し、近畿地方を横断してあす24日未明までに日本海へ抜ける予想だ。ただ、大量の湿った空気を伴っているため、きょう午後6時ごろから四国、近畿、中国地方に猛烈な雨が降る恐れが強い。

気象予報士の藤富郷は「雨量は24日朝にかけて四国で800ミリ、東海、近畿で600ミリ、中国地方、関東甲信でも200ミリが予想されます。早めに備えてください」と早めの避難と準備を呼びかけた。