大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)が「女装している可能性が浮上しました」と、キャスターの山崎夕貴アナがイラスト付きで報じた。

身長163センチと小柄の樋田は、これまでも女装していたことがあるという。脱走後の15日(2018年8月)には、実家近くの神社で食べ物を散らかした形跡とともに黒いストッキングが見つかった。その後に頻発しているバッグひったくりが樋田の仕業だとすると、女性被害者が持っていた化粧品を使うことも考えられる。

後手後手の警察捜査や情報公開

司会の小倉智昭「女装されたらわからないねえ」

森本さやかアナ「すれ違っても、ピンとくるかどうか」

警視庁の元刑事の吉川祐二さんは「警察の対応が遅いですよ。写真や動画をどこまで公開するか、ためらいがあったのではないでしょうか」と指摘する。