金足農の吉田輝星が疲労で足動かず降板「歯がたちませんでした」

ざっくり言うと

  • 夏の甲子園は21日、決勝戦で金足農業高校が大阪桐蔭高校に2−13で敗れた
  • 5回12失点で降板し、「歯がたちませんでした」と号泣した金足農・吉田輝星
  • 準決勝までに約1400球を投げており、4回から足が動かなくなったと話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング