夏休み後半から多発する子どもの自殺 学校を休んでいい選択肢も

ざっくり言うと

  • 夏休み後半から休み明けは、子どもの自殺が多発するとされている
  • 「学校を休んではだめ」という保護者からのプレッシャーなども関係するそう
  • 専門家は、学校に行かなくてもいいという選択肢に気づいてほしい、と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x