ハノーファーの浅野拓磨【写真:Getty Images】

写真拡大

 今季からハノーファーでプレーするFW浅野拓磨は新天地で見事な公式戦デビューを飾りドイツ国内で高評価を受けている。

 現地時間19日に行われたドイツカップ1回戦でハノーファーはカールスルーエと対戦し、敵地で6-0の勝利を収めた。この試合で浅野は65分までプレーし、41分にはPKを獲得し51分には初ゴールを決めるなどチームの大勝に大きく貢献した。

 試合後、ハノーファーの公式ホームページは印象的なプレーヤーとして新戦力のDFケヴィン・ヴィマー、FWヘンドリック・ウェイダントと共に浅野を挙げ「ハノーファーのユニフォームで公式戦初勝利、素晴らしいスタートを切った」と紹介している。

 また独メディア『シュポルトブッツァー』では個人採点を掲載し、浅野に対しては「前半にゴールを決めなければならなかった。しかし4点目を取ったスピードは彼にとって大きな武器になる」と寸評し「2」と高評価を与えた。(ドイツメディアの採点は「6」が最低、「1」が最高)

 プレシーズンから好調を維持している浅野は25日に開幕するブンデスリーガでも先発出場となるのだろうか。

text by 編集部