捨てられた約600匹の金魚 パリ最大の水族館で「第二の魚生」

ざっくり言うと

  • 仏・パリ最大の水族館が、飼い主に捨てられた約600匹の金魚を引き取った
  • パリ市民を対象に金魚の引き取りをしており、利用者は月平均50人ほど
  • 金魚たちは一通りの検査を受けたあと、水槽で「第二の魚生」を送っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x