今夜(2018年8月20日)、行われるアジア大会の体操個人総合で、大注目の期待の新星、谷川翔選手(19)が出場する。谷川選手は今年(2018年)4月、全日本選手権で絶対王者の内村航平選手(29)を破り、史上最年少で優勝。今大会でも金メダルに挑む。

内村航平を超えた自信が大きい

最大のライバルは、中国のエースの肖若騰選手(22)。2017年、世界選手権の個人総合で中国勢として10年ぶりの金メダルを獲得した。このとき、日本の白井健三選手(21)は銅メダル、内村航平選手は予選で途中棄権した。

リポーターの小川知子アナ「注目は、この肖選手も谷川選手と同じく6種目に出るオールラウンダーということです。ですから、谷川選手がこれから世界を見ていく上で、肖選手との対決は大きな財産になると思われます」

司会の国分太一「谷川選手、19歳という若さでアジア大会を経験できるというのは、2020年の東京オリンピックに向けて財産になりますよね」

司会の堀尾正明「なにより、内村さんを超えたという自信があるのが大きい。内村さんもまだやるぞっという気持ちになっているだろうから、2人で切磋琢磨してほしい」