早くも台風20号が発生、19号とともに日本列島は今週、相ついで「ダブル台風」に見舞われそうだ。

強い台風19号はきのう19日(2018年8月)、小笠原諸島の父島を強風域に入れ、あす21日午後には九州・奄美地方に接近する。高気圧の縁に沿って九州西岸を北上しながら950ヘクトパスカルまで発達しそうだ。湿った空気が流れ込むため、関東でもゲリラ豪雨の恐れがある。

猛暑と急な涼しさにダブル台風...気象がちょっと変

20号は23日から24日にかけて列島に接近し、23日夜には九州に上陸、列島縦断の可能性がある。いったん日本海に出ても東北方面に再上陸も考えられる。気象予報士の天達武史は「週末にかけて広いエリアに影響が出ます。涼しいのはきょうまでで、蒸し暑さが戻り、台風の暴風雨もやってきます」と警戒を呼び掛けた。

司会の小倉智昭「対策は、台風に慣れすぎるとダメなんですね」

キャスターの伊藤利尋アナ「猛暑と急な涼しさにダブル台風と、大枠でとらえたら気象がちょっと変なのかな」

あっちゃん