フル出場した渡辺は攻守に奮闘。しかしゴールを生み出せなかった。(C)Getty Images

写真拡大

[アジア大会]U-21日本代表0-1U-23ベトナム代表/8月19日/インドネシア
 
 U-21日本代表が8月19日、アジア大会のグループステージ3節でU-23ベトナム代表と対戦。0-1で敗戦を喫した。
 
 2節でパキスタンを下し、すでにグループステージ突破を決めていた日本にとって、このベトナム戦は、首位通過が懸かった試合だった。勝利を目指し、これまでの2試合と同じく3-4-2-1システムを採用する。
 
 GKは今大会初先発となるオビ・パウエルオビンナ、3バックは右から原輝綺、立田悠悟、杉岡大暉。右ウイングバックに初瀬亮、左ウイングバックに遠藤渓太。2ボランチには渡辺皓太と神谷優太、2シャドーに三好康児と三笘薫、そして1トップには前田大然が入った。
 
 試合は予想外の展開で幕を開ける。

 開始からわずか3分、神谷が自陣でボールを奪われ、ベトナムのメッシことヌエン・クアン・ハイにゴールを奪われ、日本は先制を許してしまう。
 
 その後、先制点ですっかり勢いづいたベトナムに苦戦。左サイドを崩された13分の決定機をはじめ、前半は立て続けにチャンスを作られる。
 
 完全に後手に回った日本は攻めても、連動性を欠きスムーズにパスが回らず。前田の個人技とスピードで突破を試みるも、周囲のサポートが遅れがちでゴールに迫れない。1本(日本)対10本(ベトナム)というシュート数が、前半の劣勢を物語っていた。
 
 ペースを掴んだのは、後半からだった。神谷に代えて松本泰志を、三笘を下げて岩崎悠人を投入すると、スピーディな攻撃を展開していく。
 
 ところがゴールが遠かった。70分には遠藤がエリア外から強烈なミドルシュートを放ったが、枠を外れる。80分には岩崎のパスに抜け出した前田がGKと1対1を迎えるも、オフサイドの判定で得点には至らない。
 
 81分に1トップの前田に代えて上田綺世をピッチに送り、前線の活性化を図る。すると90分にエリア内に飛び出したその上田が、ビッグチャンスを得る。しかし、シュート精度を欠き、枠を捉えられない。
 
 結局最後までベトナムの壁を破ることができずにタイムアップ。日本は2位でのグループステージ通過が決まり、決勝トーナメントの1回戦で、グループEの1位チームと対戦することになった。
 
 最終節を残しているグループEでは、現在マレーシアが首位で、韓国が2位。マレーシア対バーレーン、韓国対キルギスタンの2試合の結果で順位が入れ替われば、決勝トーナメントの初戦で日韓戦が実現する。
 
 日本の次の試合は、8月24日の19:30キックオフ(日本時間)。