童貞のまま亡くなった意外な歴史上の人物

写真拡大 (全2枚)


 異性と肉体関係を持たないまま亡くなったといわれている歴史上の人物をご存じだろうか。宗教上の理由、自身の哲学や思想、体調不良など事情は様々だ。真偽は定かでないが、「童貞」と語り継がれている偉人を紹介したい。

宮沢賢治
日本の詩人・童話作家。「風の又三郎」、「銀河鉄道の夜」等の名作を残した。友人の藤原嘉藤治に「性欲の乱費は、君自殺だよ、いい仕事はできないよ」と語り、 生涯独身だった。射精すら拒み続け、体温が高くなると性欲が湧いてきてしまうと言って冷たい水を頭からかぶっていたという。一説には長期間の無射精による幻覚を見て、幻想的な物語を生み出したと言われている。

・合わせて読みたい→
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に(http://cocokara-next.com/motivation/witch-country-japanese-men-be-popular/)

吉田松陰
日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。私塾「松下村塾」で高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋など明治政府の礎を築いたエリートを育てた。家庭を持つと志が揺らぐと生涯独身を貫き、遊女と二人きりになった際も学問を語り合い、女性の体に触れなかったという。

アイザック・ニュートン
イギリスの物理学者・数学者。微積分、光の性質、万有引力の法則を発見したことで知られる。重度の不眠症でさまざまな悩みを抱えていたことや母親への不信感が女性を遠ざけていたと言われている。

イマヌエル・カント
ドイツの哲学者、思想家。哲学史上最大の偉人と言われ、「純粋理性批判」、「実践理性批判」、「判断力批判」は三大批判書と呼ばれ、以降の世界に大きな影響を与えた。カントは思索の邪魔と考えて女性を必要としなかった。恋に落ちることもあったが奥手の性格で成就しなかったという。

ルイス・キャロル
イギリスの作家・詩人。「不思議の国のアリス」の作者として有名。少女と遊ぶのが好きだったが、性的な関係を持つことは生涯なかったという。少女のヌードを大量に撮影していたが、神に最も近い純粋無垢な存在として写真を見ていたと伝わっている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]