「入れ歯安定剤でアルコール検知」酒気帯び運転も逆転無罪の判決

ざっくり言うと

  • 酒気帯び運転などの違反に問われた男性被告の控訴審で逆転無罪の判決が出た
  • 入れ歯を使用しており、呼気検査直前に入れ歯安定剤を使用していた男性被告
  • 東京高裁は、安定剤のアルコールが検知された可能性がある、と判断した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x