厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第13回:サトノソロモン

 良血となれば、”億”を超える高額で取引される競走馬。そうした高額で取引された馬たちは、大きな関心を集めて、デビュー後にどんな成績を残すのか、誰もが注目している。

 これからのデビューを控えた2歳馬の中にも、超高額取引で話題となった馬がいる。栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するサトノソロモン(牡2歳/父ディープインパクト)である。


高額馬サトノソロモンはどんな走りを見せてくれるのか

 同馬は2年前(2016年)の夏、競走馬のセリ市「セレクトセール」で2億8000万円(税別)という高値で落札された。その年の1月に生まれて、わずか半年ほどの時点でこれほどの評価を得たのである。

 実際、血統は申し分ない。母のイルーシヴウェーヴはヨーロッパで活躍し、GIフランス1000ギニー(フランス・芝1600m)をはじめ、重賞4勝の実績を残している世界トップクラスの名牝だ。

 その母と、日本を代表する種牡馬ディープインパクトを配合。同馬の評価が高くなるのも当然のことだった。

 なお、サトノソロモンの1歳下となる全弟は、昨年(2017年)のセレクトセールにおいて5億8000万円(税別)で落札され、その驚愕の取引は世間をも騒がせる大きなニュースとなった。この血統は、それほど注目されており、サトノソロモンへの期待も日に日に高まっている。

 そんな話題の若駒について、育成を担当したスタッフはどんなふうに見ていたのだろうか。ノーザンファーム早来の山内大輔氏は、春の取材でこんなコメントを残していた。

「サトノソロモンは、大跳びで、動きがよくて、性格も落ち着いていますね。短所が見当たらず、それが最大の長所と言えるでしょう。本当にバランスがよくて、すごく優等生です。ウチの中でもトップクラスの1頭ではないでしょうか」

 育成の初期から、周囲の評価が高かったというサトノソロモン。さらなる成長が見込めれば、より期待は膨らんでいくことだろう。山内氏が続ける。

「育成を始めたときから、本当に完成度が高くて、バランスのよさが印象的でしたね。育成を進めても、その印象のまま、ここまで来たと思います。さらに、この状態からもう一段上に成長してくれたら、より楽しみですね」

 当初、同馬は夏のデビューも視野に入れていたが、暑さの影響もあって、秋以降の始動を見込んでいるとのこと。じっくりと英気を養って、初陣に向けて万全の調整を進めていくことになるだろう。 生まれて数カ月で、2億円超えの超高額で取引されたサトノソロモン。競走馬として、どれほどの輝きを放つことができるのか。その走りを早く見てみたい。