不登校だった文学YouTuberベル「逃げ場所は目に見えない」

ざっくり言うと

  • 文学YouTuberのベルが不登校だった中学時代の「現実逃避」を語っている
  • 当初逃げ場所として選んでいたのは自宅や学校の保健室、相談室など
  • 適した場所はなく、現実を忘れるという目に見えない逃げ場所を作ったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x