ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 暑い日が続いていますが、お盆をすぎてから、その暑さもやや落ち着いてきたように感じます。北海道の札幌では、もう真夏といった感じはなく、だいぶ涼しくなっているようですね。この週中には大雨が降ったこともあって、最高気温が20度に届かない日もあったそうですよ。

 その札幌では今週、夏の間に開催される唯一のGII戦、札幌記念(8月19日/札幌・芝2000m)が行なわれます。中央競馬のGIIの中では最も賞金が高く、「スーパーGII」とも呼ばれる一戦で、夏の北海道シリーズのメインイベント的なレースです。

 当初はダートで行なわれていましたが、その頃からトウショウボーイ(1976年)が出走するなど、スターホースがしばしば参戦。1990年から芝レースとなって、1997年からGIIに格上げされると、以降は古馬ならGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)へ、3歳馬なら三冠最終戦へ向けての始動戦として、GI級のトップホースの参戦が一段と増えました。

 1997年、1998年には、女傑エアグルーヴが出走して連覇を達成。翌1999年には、二冠馬(皐月賞、菊花賞)セイウンスカイが挑んで快勝しました。他にも、敗れはしましたが、その年のダービー馬ジャングルポケット(2001年、3着)が参戦するなど、毎年のように一流どころが出走し、札幌のファンを沸かせてきました。

 近年は、以前に比べるとスターホースの参戦も減ってきたような気もしますが、2014年には桜花賞馬のハープスターと、当時の古馬最強馬ゴールドシップがマッチレースを披露。一昨年には、マイル路線から中距離路線に舵を切ったモーリスが出走して話題になりました。

 そして、昨年はGI馬の参戦はありませんでしたが、今年はダービー馬マカヒキ(牡5歳)をはじめ、3頭のGI馬が出走。GI馬以外にも、上り調子で勢いのある馬が顔をそろえて、非常に見応えのある一戦になりそうです。

 そんな今年の札幌記念で、まず注目しているのは、どの馬が先手を取るか、どの馬がハナを切るか、ということです。

 逃げ馬、先手を取る馬は、レースの流れ、展開を作る存在です。ゆえに、逃げ馬がいるのか、その逃げ馬はどんな馬なのか、ということによって、レースの結果が変わってきます。

 今回は、そうした先手を主張しそうな馬が複数参戦してきました。しかも、それらの馬は逃げたときに好結果を出しているので、どの馬が先手を取るのか、より注目しているわけです。

 1頭は、前半から速いペースで逃げることを得意とするマルターズアポジー(牡6歳)です。

 同馬はゲートが抜群に速いというわけではありませんが、スタートしてからのダッシュ力があり、スピードに乗るのが早く、またテンのスピードも速いため、先手を取りやすいのです。実際、デビューしてから一度も、逃げられなかったことはないようです。トータル27戦も消化していることを考えると、これはこれで珍しいことだと思います。

 2頭目は、昨年の日本ダービー(東京・芝2400m)でも果敢に逃げて、4着と好走したマイスタイル(牡4歳)です。

 現状、逃げなかったレースではいい結果が出ておらず、だからこそ、連勝を飾ったここ2戦は逃げにこだわったのでしょう。1000万特別、1600万特別と格下の条件戦でしたが、2戦とも強い内容でした。

 さらにもう1頭、3歳馬のアイトーン(牡3歳)がいます。

 これまでに勝った3勝は、すべて逃げ切り。前走は番手からの競馬ができて3着と好走しましたが、逃げたときのほうがいい走りをしていますね。

 マイスタイルとアイトーンの2頭は、前に馬を置かず、それでいて後ろから突かれる形のほうが、馬が走る気になるようです。ただ、どちらもスタートダッシュが特別に速いというわけではなく、スタートから押していかなければ、なかなかハナには立てません。スピードの絶対値の違いで先手を取っているマルターズアポジーとは、ちょっとタイプが違いますね。

 そうすると、やはり今回もマルターズアポジーがハナを切りそうですが、マイスタイルも、アイトーンもハナを切りたいと思うはず。ある程度はハナを主張していくことになるのではないでしょうか。

 この枠(1枠1番マルターズアポジー、2枠4番マイスタイル、8枠16番アイトーン)の並びなら、アイトーンは外から被される心配がないので、積極的にいきそうですね。場合によっては、1コーナーを回ってもハナを主張してくるかもしれません。

 そうなった場合、マルターズアポジーとアイトーンの前2頭で引き離した形になると思うので、離れた3番手にマイスタイルといった感じでしょうか。仮にこの隊列になれば、マイスタイルは3番手でも事実上単騎で逃げているようなレースができるかもしれませんね。

 どちらにしても、先団は息の入らない厳しい展開になりそうです。

 馬の能力とは少し違う面から触れてきましたが、今回はここまでに触れてきた”展開”によって、勝負の行方が左右される気がしています。

 というのも、定量のGII戦ともなれば、実力馬が展開に左右されることなく、力の違いを見せつけることが多いのですが、今回は実績上位馬にそこまでの信頼が置けないからです。

 実績ナンバー1のマカヒキは休養明け。休養前の成績も今ひとつでした。残り2頭のGI馬、ネオリアリズム(牡7歳)とモズカッチャン(牝4歳)も、ドバイ遠征からの帰国初戦。しかも、そのドバイはともに完敗でしたからね。

 そこで注目したいのは、3歳秋の昨秋に引き続き、年明けから芝の中距離戦線で大暴れしている明け4歳勢。なかでも、GIタイトルこそありませんが、GI馬とそん色ない能力を見せている、ミッキースワロー(牡4歳)に食指が動きます。


GI級の能力を秘めているミッキースワロー

 昨秋のセントライト記念(中山・芝2200m)がまさにそうでした。菊花賞(京都・芝3000m)のステップレースだったとはいえ、皐月賞馬のアルアインを並ぶ間もなく差し切りました。その決め手は、GI級の能力を秘めている証です。

 本番の菊花賞は6着。歴史的な不良馬場に加え、3000mという距離の影響もあったと思います。その後、年明けのアメリカジョッキークラブC(2着。1月21日/中山・芝2200m)、GI大阪杯(5着。4月1日/阪神・芝2000m)は、それこそ展開のアヤと見ています。

 それらのレースを振り返ってみると、まだ気性的に幼いのか、スイッチが入ると一気にエンジンがかかってしまっているように見えました。ゆえに、展開次第で仕掛けのタイミングが難しくなるのだと思います。

 勝っているのは、スローの上がり勝負のレースばかりなので、速い流れは向かないように見えます。しかし実際は、レースが流れてくれたほうが、仕掛けのタイミングが合うと思うんですよね。

 今度の札幌記念では、これまでに見せたことのない、それこそ秋の大舞台が楽しみになるような、新たなミッキースワローにお目にかかれるかもしれませんよ。 というわけで、今回の「ヒモ穴馬」には、このミッキースワローを指名したいと思います。