U-18日本代表CB岸本駿朔は完封勝利に貢献した

写真拡大

[8.16 SBSカップ第1節 U-18日本代表 1-0 U-18オーストラリア代表 藤枝総合]

 いずれも年代別日本代表初選出の市立船橋高コンビ、U-18日本代表CB岸本駿朔、左SB松尾勇佑は“代表デビュー戦”を1-0勝利で終えた。

 “市船のゴジラ”こと岸本は自慢の高さと競り合いの強さを発揮。思い切りよく前に出て相手の起点を潰そうとするなど、積極的な守りで完封勝利に貢献した。一方の松尾は得点に絡むことこそできなかったものの、ワンツーからPA侵入を狙ったり、縦へ仕掛けたりするなど攻撃力でアピールしようとしていた。

 岸本は「緊張したんですけれども、今日、監督とかコーチに『思い切って自分の良さを出せ』と言われていたので、試合にはスムーズに入れました。連係ミスもあったんですけれども、(チームメートの)松尾がいた分、安心感はありました(微笑)」。

 松尾、そして仲良く接していたという左MF檀崎竜孔(青森山田高)へ繋いで攻めることもイメージしながらの戦い。連係ミスで危ないシーンもあったが、味方のカバーリングにも救われて無失点で勝ち切った。

 日本一を狙ったインターハイでは優勝校の山梨学院高に0-1で敗れて初戦敗退。岸本は「最後のインターハイでやっと自分も全国の舞台で出れたので悔しかったんですけれども、すぐに気持ちを切り替えられて良かった」と振り返る。

 悔しい夏となったが、せっかく得た初代表のチャンスを無駄にせず、次に繋げること。岸本はSBSカップの残り2試合へ向けて「半分でも、少しでも出れたらチャンスだと思うので、もっともっと自分を出せるようにアピールしたい」と力を込めた。(取材・文 吉田太郎)