捜査書類を作成せずに後回し 滋賀県警察の男性巡査部長を注意処分

ざっくり言うと

  • 滋賀県警の40代の男性巡査部長が、所属長注意処分を受けていたと分かった
  • 窃盗事件などの捜査で、必要な捜査書類を計20通も作成していなかったという
  • 巡査部長は「おっくうになって後回しになってしまった」と話しているそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング