けさ16日(2018年8月)のスポーツ報知の記事をもとにビビットが伝えるところによると、日本ボクシング連盟の山根明前会長は関西ボクシング連盟会長、奈良県ボクシング連盟名誉会長も辞任することを表明したという。連盟そのものからも脱退するという。

「日本ボクシングを再興する会」の鶴木良夫代表は、山根氏が今後も影響力を持つことがないように、理事全員も総辞職する方向で固まったと話したという。

理事も総辞職

司会の国分太一「ボクシング連盟がどう変わっていくか、見守んなきゃいけないですよね」

テリー伊藤(タレント)「現在の理事が、じつは今回のアジア大会にも行ってるんです。戻ってきてどうするか。ここは問題ですよね」

堀尾正明キャスター「2度と混乱が起きないような組織作りを、全員で考えていかなきゃいけないと思います」