山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の藤本理稀(よしき)ちゃんがけさ15日午前6時50分(2018年8月)に無事発見された。現場から地元の永岡克也アナウンサーが報告した。

「警察や消防、地元の人たちが捜索を続けていましたが、ボランティアの男性が曾祖父の自宅北側の山中でみつけました。柳井市内の病院に搬送されましたが、命に別条なく、発見時は祖母と話ができたということです。痛みも訴えていないそうです」

理稀ちゃんは家族と帰省していた12日、祖父と兄と海に向かう途中、1人で家に戻り、そのまま行方不明になっていた。

お母さんの呼びかけ聞こえてた?

 司会の国分太一「無事発見、よかったですねえ」

司会の真矢ミキ「お母さんの叫びが通じたんでしょうね」

きのう14日には、母親が防災無線で理稀ちゃんに呼び掛けていた。

キャスターの堀尾正明「発見されたところが家の近くですね。3日間、飲まず食わずだったのでしょうか」

国分「ぼくも同じぐらいの娘がいますが、オムツはどうだったのか、お昼寝はどうしていたのか」

三輪記子(弁護士)「(同じような子どもがいるが)他人事ではなくて。子どもは5秒か10秒目を離しただけで、どこへ行ったか分からなくなるぐらい動き回りますからね。ご家族のみなさんは心配だったと思います」

国分「最後に一緒だったおじいちゃんは本当にほっとしたでしょうね」