U-21日本代表FW上田綺世(法政大)

写真拡大

[8.14 アジア大会GL第1節 U-21日本1-0ネパール チカラン]

 両チーム最多となる6本のシュートを放った。そして、その多くの場面を好機で迎えた。しかし、アジア大会初戦ネパール戦で1トップを任されたU-21日本代表FW上田綺世(法政大)に最後までゴールは生まれなかった。

 前半10分と同15分にはMF渡辺皓太(東京V)のお膳立てから、同25分にはDF立田悠悟(清水)のスルーパスからフィニッシュに持ち込むなど、前半から果敢にゴールに迫る。さらに後半12分には立田のクリアボールから最終ライン裏に抜け出し、同22分にはMF三笘薫(筑波大)のスルーパスからPA内へと侵入。ともに決定機と呼べるものだったが、シュートはこの日好セーブを連発していたGKリンブにストップされてしまった。

 幾度となく好機に顔を出したように「コンディションは良かったし、チャンスが多くてシュートもたくさん打てた」ものの、ノーゴールに終わり、「やっぱり入らなかったのは原因がある」と改めて自身と向き合おうとしている。だが、中1日で次戦パキスタン戦が行われることもあり、「下を向くことはないので、どんどんやっていきたい」と視線を上へと向けた。

 今回のU-21代表には上田、三笘、FW旗手怜央(順天大)、GK小島亨介(早稲田大)、GKオビ・パウエル・オビンナと計5名の大学生選手が招集されている。そして、ネパール戦で唯一となるゴールを奪ったのが三笘だった。

「大学生の薫くんがしっかり結果を残したし、大学生として認められるのはすごく大事なこと。大学生もプロに負けないぞというところは、プロと一緒にやる機会でしか証明できない部分でもあると思うので、次は僕や怜央くんが活躍していくことが、大学サッカーを盛り上げることにつながる」

 自身の存在価値を証明するだけでなく、大学サッカー界を盛り上げていくためにも、この日の悔しさを次戦以降にぶつけていく。

(取材・文 折戸岳彦)