「ずさんな管理の実態がありました」とキャスターの伊藤利尋アナが、大阪・富田林警察署で起きた留置場からの凶悪犯逃走事件を伝えた。樋田淳也容疑者(30)が弁護士と面会した接見室のドアは、あけるとブザーが鳴る装置から電池が抜きとられていた。隣室に控えているはずの警察官もおらず、弁護士も署内に声をかけずに退室し、署を出るところを見た人もいなかったというお粗末ぶりだ。

駐車場にあった脚立で署のフェンスを越えた

接見は12日(2018年8月)午後8時ごろに終わったが、警察が樋田容疑者がいないことに気づいたのは1時間半以上たった午後9時45分ごろ。周辺住民へメール連絡されたのは翌朝6時の発信だった。それだけ樋田に逃走の時間を与えたことになる。樋田は接見室の仕切りアクリル板のすき間を押し広げ、ドアを通り、駐車場にあった脚立にのぼり署のフェンスを越えたらしい。

元警視庁刑事の吉川祐二さんは「弁護士の(接見が終わったという)報告は義務ではなく、警察側があまりにも頼り過ぎていた」と話す。

伊藤アナ「あらゆることが重なって逃走を許しました」

司会の小倉智昭「警察がかかりきりとはいかないだろうが、せめてブザーをきちんと対応しておけばよかった」

大阪府警はおととい12日(2018年8月)の捜査員250人態勢から3000人に増やして行方を追っている。