アジア大会選手団の旗手を務める上野由岐子 555球の疲れ見せず

ざっくり言うと

  • アジア大会の日本代表選手団の結団式が13日、東京都内で開催された
  • 旗手を務めたのは、世界選手権で計555球を投げきったばかりの上野由岐子
  • 疲れた様子は見せず、この日は旗手としての役割をまっとうした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x