大阪の富田林警察署できのう12日(2018年8月)、強盗致傷や性的暴行容疑で留置中の樋田淳也容疑者(30)が接見室から逃走した。警察は250人態勢で行方を追っている。

樋田は午後7時半から弁護士と接見したが、午後9時45分に警察官が部屋に入ると姿がなかった。面会中は手錠や腰ひもはなく、弁護士との接見に限っては警察官は立ち会わない。接見室はアクリル板で仕切られていた。はいていたサンダルが署内にあった。

部屋覗いてみたら「あら、いない!」いつ逃げたかもわからず

警視庁の元刑事の吉川祐二氏は「何時に逃げ出したかもはっきりしないので、それだけ手配のしかたも難しい」という。

阿部悦子リポーター「周辺は一歩入ると住宅街です。お盆休みでお店は休みで、人通りが少なく、空き家や使われていない施設もあるそうです」

司会の小倉智昭「こんなことがあるんですね」

吉川氏「すぐ捕まるのにと、普通の人は思うでしょうが、一瞬でも逃げたいのが犯罪者。驚いたし、(警察OBとして)情けない」

樋田は身長163センチ、黒い長袖のジャージと灰色のスウェットズボンで、左のふくらはぎに動物の入れ墨がある。