なでしこがDF市瀬からMF高木ひかりに選手変更

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は9日、第18回アジア競技大会に出場する日本女子代表(なでしこジャパン)において、マイナビベガルタ仙台レディースのDF市瀬菜々が怪我のため、ノジマステラ神奈川相模原のMF高木ひかりに選手変更することを発表した。

 同大会はジャカルタのパレンバンで今月18日から9月2日にかけて開催。なでしこは3チームが同居するグループCに入り、日本時間16日にタイ、21日にベトナムと対戦する。