ほっそりとした松山千春

写真拡大 (全2枚)

「春のツアーでね、気合が入ってたからか、エネルギーが要ってなぁ。自分でもちょっとやせたなと思うよ…」

 苦笑いを浮かべながら、松山千春(62才)は自分の体を労るようにさする。その手は白くやせ細っていた。

 8月5日、北海道の札幌市民ホール。この約1時間前、松山は『NHKのど自慢』にゲスト出演していた。会場から盛大な拍手を浴びて登場すると、ひな壇では前かがみで出場者の歌に耳を傾け、手拍子でリズムを刻む。出場者が松山の持ち歌を歌って鐘2つの「不合格」だと、「納得いかないね〜!」とステージ中央に飛び出た。

 審査を待つ間には『大空と大地の中で』を歌う大サービスだったが、放送直後、視聴者からこんな声が聞こえた。

「ずいぶんやせて…お年を召されたなぁ」
「音程が不安定だし、高音はキツそう。何より声量がだいぶ落ちてる」
「ベストな状態には見えない。体調悪いんじゃないか」

 1977年のデビューから約40年、松山はこれまで体のあちこちに病を患ってきた。1991年、自律神経失調症を発症。2008年、全国ツアーの滞在先で体調不良を訴え、緊急入院。不安定狭心症と診断され、ツアー中止を余儀なくされた。

 昨年8月、ラジオで自律神経失調症の再発を告白。今年1月にもラジオで、右足をくじいてしまい足の甲や指にしびれや痛みが起こる「腓骨神経麻痺」を患ったと語り、しばらく足を引きずったままステージをこなした。さらに4月には糖尿病のためインスリンを打ったところ低血糖になり、救急搬送されている。

 それでも毎年行っている春の全国ツアーは今年もなんとか完走した。ファンがほっと胸をなでおろしたのもつかの間、7月16日に予定していた日比谷野外大音楽堂での『松山千春 ON THE RADIO in 野音』を4日前に急きょ中止。猛暑とゲリラ豪雨のため来場者の身の安全に考慮したのが理由だというが、「また体調が悪化したのでは」と心配する声も少なくなかった。

「いちばん気がかりなのは、毎年7月下旬に発表される秋のツアーの日程が8月に入っても発表されなかったこと。千春さんはデビュー以来ほぼ毎年春秋のツアーを行っていますが、こんなに発表が遅れるなんて今までなかった。深刻な理由があるんじゃないかと心配で…」(ファンの1人)

 そして今回の『のど自慢』出演の裏でも、体調不安が囁かれていた。

「出演OKがなかなか出ず、ギリギリまで交渉したそうです。最近、松山さんがあまりにもやせたのもあって、“大病を患っているんじゃないか”という話も出ています」(芸能関係者)

『のど自慢』で見せた松山の激やせと歌の不安定さ。病との関係はあるのだろうか。

「松山さんが何度か患った自律神経失調症は、心理的ストレスから交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、体に不快な症状が現れる病気です。味覚や嗅覚が落ち、食欲不振になってやせるかたも多い。歌手の場合は、緊張や不安を感じることで音程がわからなくなったり、高い声が出なくなり、最悪の場合失声症になることもあります」(精神科医の片田珠美さん)

『のど自慢』出演後、会場から出てきた松山は、ひどく疲れた様子だった。記者が声をかけると、マネジャーが制止する中、「いいんだよ」と取材に答えた。

「まあ疲れたらちょっとガクッとはなるよ。でも元気ですよ。秋のツアーもまだ発表してないけど決まってる。今回は無理して沖縄まで回る。野音を中止してすまないなぁという気持ちもあるし、ラジオを聴いてくれている人たちのところに行って、自分が元気だぞっていうところを見せたいね」

 最後は「たばこは吸ってる。やめる気はありません」とニヤリと笑った。

※女性セブン2018年8月23・30日号