廃墟となって人の気配感じられない 原爆後の長崎を飛んだパイロットの記憶

ざっくり言うと

  • 戦闘機搭乗員だった男性は、被爆直後の長崎の上空をテスト飛行したという
  • 上空から見た長崎は「一面、廃墟となって人の気配も感じられない」と回顧
  • 「惨状という言葉では足りない、あまりに酷いありさまでした」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x