ラオスで建設中のダム決壊 政府が原因究明のための委員会を設置

ざっくり言うと

  • ラオス南部で7月23日に起きた、建設中の水力発電所ダムの決壊
  • 国営通信は8日、死者が34人に達し、97人が行方不明となっていると報じた
  • 政府は、原因究明のための委員会を設置したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x