大塚家具が販売不振で3期連続の赤字へ 黒字予想から一転

ざっくり言うと

  • 大塚家具は7日、2018年12月期の業績見通しを下方修正した
  • 13億9000万円の黒字予想だったが、純損益が34億2600万円の赤字になると発表
  • 大型店を中心とした販売不振が響いた格好で、3期連続の最終赤字となるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x