台風13号による大雨や暴風、高波、高潮に特に警戒が必要な時間帯の目安をまとめている。NHKニュースが報じた。

伊豆諸島では、暴風が8日夕方から9日明け方にかけてで、高波が7日夜遅くから9日明け方にかけてとなっている。

関東甲信では、大雨が8日夜から9日夕方にかけてで、暴風が8日夜遅くから9日夕方にかけてとなっている。また、高波が8日未明から9日夕方にかけてで、高潮が9日未明から明け方にかけてとなっている。

東海では、暴風が8日夜から9日昼前にかけてで、高波が8日明け方から9日昼前にかけてとなっている。

東北では、大雨と暴風が8日夜から9日にかけてで、高波が8日朝から9日にかけてとなっている。

これらの時間帯はあくまで目安で、今後の台風の進路や速度によって大きく変わる可能性もある。気象庁は最新の情報を確認してほしいとしている。

台風13号 警戒必要な時間帯(NHKニュース)