神奈川県警大船署が、車検切れによる道路運送車両法違反の疑いで鎌倉市の69歳男性を現行犯逮捕し、車を押収していたことが6日、分かった。認知症の疑いがあるのに周囲の説得を聞かず車の運転を続けており、県警は事故を懸念して逮捕したという。釈放された男性は認知症との診断が出ており、立件は見送る見通し。共同通信が報じた。

事故を懸念し、認知症男性を逮捕 その後釈放、神奈川県警(共同通信)