新潟県の海水浴場で5日昼すぎ、海水浴客を救助するために沖に向かった73歳の監視員の男性が溺れた。近くにいた海水浴客に救助され、病院に搬送されたが、その後死亡したという。NHKニュースが報じた。

救助の要請があった30代男性と小学生の娘は、海水浴客に救助されて無事だった。警察と消防は事故の詳しい状況を調べている。

救助のため沖に向かった監視員 溺れて死亡 新潟 糸魚川(NHKニュース)