国内初のネット選挙を実施!つくば市

写真拡大

ブロックチェーンとマイナンバーカードを活用

つくば市は7月31日、ブロックチェーンとマイナンバーカードを活用したネット投票を実施すると発表した。

投票日は、8月28日(火)、10時〜16時。投票場所は、つくばカピオホール。



つくば市では、「Society5.0」の社会実装に向け、IoT・AI・ビッグデータ解析などの革新的な技術を活用した実証実験の支援を行っている。そこで今回、国内初となるブロックチェーンとマイナンバーカードを使ったネット投票が、「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業最終審査案件」に関して導入されることとなった。

つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業

つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業の最終審査に向けて7月、先端技術13件が選考された。最終審査は、公開プレゼンテーション形式で行われ、有識者からなる審査員陣がそれぞれの提案を審査する。最終審査は8月28日、13時30分〜17時に開催。場所は、つくばカピオホール、参加費は無料である。

最終審査では、今回初めて国内で行われるネット投票のシステムについて、株式会社VOTE FOR、一般社団法人ICTまちづくりプラットフォーム推進機構からプレゼンテーションも行われる予定だ。

つくば市民以外も投票可能

つくば市は、有望な技術革新の一つとして注目されているブロックチェーン技術を活用したネット投票を実施することにより、投票内容の改ざん防止や機密性を確保。公正で効率的な投票の実現を目指すとしている。

期日前投票は8月20〜24日につくば市役所本庁舎1階でできる。本投票は28日。投票できるのは、署名用パスワード付マイナンバーカードを持っている人。つくば市民でなくても投票可能だ。

(画像はつくば市ホームページより)

▼外部リンク

つくば市:国内初!ブロックチェーンとマイナンバーカードを活用したネット投票を実施します!
http://www.city.tsukuba.lg.jp/1005129.html

つくば市:【観覧者募集】つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業最終審査
http://www.city.tsukuba.lg.jp/1005040.html