【先週の結果】

先週の的中は以下の通り。

・札幌11Rが◎→▲→△で決まり、馬単1,510円、3連複1,610円、3連単6,560円。

【今週の予想】

☆新潟10R 驀進特別(芝1000m)

 自己条件に戻れば力は上のレッドラウダ。前走のアイビスSDは2階級格上挑戦だったこともあるが、積極的に行った分、厳しい競馬となってしまい10着。昨年もアイビスSDから連闘で当レースに臨み5着だったが、勝負どころで進路を取り直すロスがあったため。一度使われてグッと状態は上向いており、スムーズな競馬さえできれば、このクラスなら勝ち負け必至だ。

◎レッドラウダ
○ミキノドラマー
▲ブラックバード
△₁ダイイチターミナル
△₂キッズライトオン
△₃グランシェリー

買い目
【馬単】6点
◎→○▲△₁△₂△₃
○→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃

☆札幌11R UHB賞(芝1200m)

 デアレガーロは、前走久々の1200m戦だったこともありテンで遅れたが、すぐに盛り返し好位に取りつくと、直線ではムチを入れられるとグッと伸びて差し切り勝ち。それも55.5kgの斤量を背負ってのものだから評価は高い。1400mの京都牝馬Sとはいえ、重賞2着の実績は伊達ではない。鞍上にはモレイラ騎手を配し、ここは負けられない。

◎デアレガーロ
○アドマイヤゴッド
▲ライトフェアリー
△₁タイセイスターリー
△₂クードラパン

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂
○→◎
【3連複2頭軸流し】3点
◎○-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】9点
◎→○▲→○▲△₁△₂
○→◎→▲△₁△₂

☆小倉11R 小倉記念(GIII)(芝2000m)

 得意の小倉で重賞2勝目を狙うトリオンフ。前走の鳴尾記念ではストロングタイタンに敗れたが、同じような位置取りでの競馬となったものの、勝負の分かれ目になったのは3,4コーナーでの位置取り。勝ったストロングタイタンは内でじっと我慢し、トリオンフは外を回ってワンテンポ速く追い出しを開始しており、そこでの溜めが最後の着差につながった。両馬の力が拮抗しているだけに、日本競馬が初のアヴドゥラ騎手騎乗のストロングタイタンよりも、日本競馬を知り尽くしている武豊騎手騎乗のトリオンフを本命とする。

◎(11)トリオンフ
○(4)ストロングタイタン
▲(6)マイネルサージュ
△(12)サンマルティン
△(10)サトノクロニクル

買い目
【馬単】5点
(11)→(4)(6)(12)
(4)(6)→(11)
【3連複2頭軸流し】3点
(4)(11)-(6)(10)(12)
【3連単2頭軸マルチ】18点
(4)(11)⇔(6)(10)(12)

☆新潟11R レパードステークス(GIII)(ダート1800m)

 距離短縮で巻き返すドンフォルティス。前走のジャパンダートダービーでは、直線一瞬伸びかけたが、終始外を回る厳しいポジションだっただけに最後は伸びあぐねて6着。それでも勝負どころで上がって行く脚は流石のもの。前々走の伏竜Sでは王者ルヴァンスレーヴを唯一破っている本馬だけに、距離短縮の今回は巻き返す可能性大。相手本線はグレートタイム。前々走のユニコーンS、前走のジャパンダートダービーと、ハイレベルなメンバーの中で、両レースともに直線で進路が狭くなる不利がありながら2着→3着。窮屈な競馬になってもしっかりと伸びてきた根性は相当なもの。スムーズな競馬ができれば好勝負必至だ。一発ならダートは2戦2勝で先行力が魅力のアドマイヤビクター。以下、アルクトス、イダペガサス、ビッグスモーキーまで。

◎(4)ドンフォルティス
○(14)グレートタイム
▲(5)アドマイヤビクター
△(2)アルクトス
△(3)イダペガサス
△(11)ビッグスモーキー

買い目
【馬単】7点
(4)→(2)(3)(5)(11)(14)
(5)(14)→(4)
【3連複2頭軸流し】4点
(4)(14)-(2)(3)(5)(11)
【3連単フォーメーション】20点
(4)→(2)(5)(14)→(2)(3)(5)(11)(14)
(5)(14)→(4)→(2)(3)(5)(11)(14)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。