NZの雪山で7日間遭難の豪男性 救難信号を検出し間一髪で救助

ざっくり言うと

  • NZの雪山で、7日間遭難していた登山家の豪男性が間一髪で救助された
  • 男性は登山経験が豊富だったが、下山予定だった7月30日に救難信号を発信
  • 米テキサス州にある装置の販売業者が受信し、救助隊に発見されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x