藤川京子

写真拡大

 11頭立てで、少ない感じがしますが1200mのレースなので、ちょっとしたミスの修正が効かない事も予想されます。特にスタートでスムーズに行ける事が大切だと思いますが、コースの違いで左回りと右回りのコーナーの違いは馬にとっては得手不得手がありそうです。

 前走は、フィリピンTで、1番人気で6着になってしまったトンボイ。鞍上が替わっていますが、ここ3戦は右回りだったのですが前走は左回り。調子が良さそうだったので残念でしたけれど、短い間隔で走っていたので疲れの可能性もありますが、もしかしたらコーナーの問題だったかもしれません。確かに、5走前の同じコースである小倉1200mは7着でしたけれど18頭立てだったので、少し強気の競馬をした結果です。もっとも、右回りですが小倉だけは駄目という可能性もあります。

 逆に、右回りの小倉だけは得意なのかもしれないハルク。3走前は稍重ながら小倉1200mで好タイムで勝っています。穴ならこれを狙いたいと思います。前走の函館右回りは駄目でしたけれど、もしかしたら成績を見ると小倉だけは掲示板を外した事はありません。但し小倉は稍重でも好タイムが出る時がよくあります。

 また、長い所から来たジュンヴァルロ。戦って来たレースが強いところなので、着順は悪いけど前に行ける馬なので、1200mなら好都合だと思います。それと目立ちませんが、ウォーターラボが意外に小倉が得意なのかもしれない実績があります。

 夏は、牝馬が強いと言われる事がありますが、有力馬のトンボイやウォーターラボをイケメン牡馬が口説き落とすかもしれません。

ワイドBOX3、9、8、10