なでしこ、オーストラリアに完封負け…3連敗でアメリカ遠征を終える

写真拡大

 日本女子代表(なでしこジャパン)は2日、アメリカで開催されている「2018 Tournament of Nations」の第3戦でオーストラリア女子代表と対戦した。

 なでしこは、7月29日に行われた第2戦からスタメンを6人変更。長谷川唯や田中美南、代表デビューとなった平尾知佳らがスタメンに名を連ねた。

 前半はお互いにチャンスを生かせずに後半に突入。試合が動いたのは後半開始直後の47分、フリーキックからアランナ・ケネディに直接ゴールを決められ、オーストラリアに先制を許した。

 追いつきたいなでしこだったが81分、カウンターからサマンサ・カーに追加点を決められ、試合終了。この結果なでしこは、大会初戦のアメリカ女子代表戦と第2戦のブラジル女子代表戦に続いて、3連敗。参加した4チームで唯一、未勝利で大会を終えた。

【スコア】
なでしこジャパン 0−2 オーストラリア女子代表

【得点者】
0−1 47分 アランナ・ケネディ(オーストラリア女子代表)
0−2 81分 サマンサ・カー(オーストラリア女子代表)