「BBQぎらい」を告白したマツコ

写真拡大 (全2枚)

「意味がわかんない。何が楽しいの? 参加するんだったら自決する」(マツコ・デラックス)、「純粋に楽しんでいる人なんてほとんどいないんじゃない?」(武井壮)──そう言って彼らが疑問のまなざしを向けるのはバーベキュー(イマ風に言うと「BBQ」)だ。

 マツコは「BBQぎらい」を告白した『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、その理由を「ほこりがついた肉を食べたくない」「BBQする人たちの『みんな好きだろ?』『お前も来たいだろ?』という問いかけがイライラする」と語っていた。

 その意見に深くうなずくのは、毎年ママ友からのBBQの誘いに頭を悩ませているという斉藤優子さん(仮名・36才)。

「善意で誘ってくれているし、子供の友人関係にヒビが入ると困るからと家族で参加しているけれど、正直しんどい。子供だって、最初ははしゃいでいるけれど、そのうち暑さでぐったりして機嫌が悪くなる。お肉も、食あたりを気にするあまり、炭になる一歩手前まで焼いたものをタレにじゃぶじゃぶつけて食べるから、味なんてわかったもんじゃない。今年も今から気が重いです…」

 暑さや肉の味だけでなく、調理や片付けにおける「不平等」を口にする人もいる。

「『アウトドアに慣れてるから』と、火をおこしたり肉を焼いたりという目立つ作業を独り占めする同僚が『すごい!』と称賛される裏で、私はひたすら野菜を切って後片付けをして…。誰も褒めてくれないうえに、『ちょっとこのなす、薄いんじゃない?』とダメ出しされる始末。しかも気がついたら肉はほとんど残っていなかった。あれ以来、BBQには行かなくなりました」(40代会社員)

 BBQにおける「火をおこせる人」礼賛現象については、『名探偵コナン』や『ポケットモンスター』などの声優として活躍する林原めぐみ(51才)も、かつてブログで憤っていた。

《火を起こせる人、ヒーロー!!!!みたいな空気も、なんか嫌。火起こしなら、原始人のが100倍、ヒーローだわ!!!!!》《なんか、火が付くと回り皆で、一斉に「おーーーー!」とか…。(中略)苦手です》

◆「芋煮」には“平等の思想”がある

 BBQって、なぜこんなにもモヤモヤするんだろう…。フードジャーナリストでBBQインストラクターの資格も持つ松浦達也さんが、あえて今のBBQの問題点を指摘する。

「今の日本のBBQのやり方は、“あいまいな点”が多い。本場のアメリカでは、ホームパーティーに近い形で友人を自宅に招き、その家の主人が料理を振る舞う。だからホストとゲストがはっきり分かれ、誰が誰をもてなすのか責任の所在が明確です。ところが日本では、『みんなで適当に具材を持ち寄って焼こうよ』というふうに、会のイメージすらうやむやなまま始まってしまう。結果、誰も仕切ることができず、役割分担もうまくいかない」

 多くの人が屋外での調理についての最低限の知識を持っていないことも問題だという。

「例えば、火をおこす時に炭をウチワで扇ぐ人がいますが、正しい火おこしを知っていれば扇ぐ必要はありません。扇いで舞った灰が食べ物につくのが嫌だという人もいるはず。また、本来は分離すべき生肉用と焼けた肉用の調理道具を使い回すなど衛生・安全面の知識も足りない。残念ながら、正しい知識と技術のある人が少ないのが現状です」(松浦さん)

 大きな庭と一軒家を持ち、頻繁にホームパーティーを行うアメリカとは違い、庭も狭く、村社会から発展してきた日本の文化に、BBQはなじまないのかもしれない。

 炎天下、張り付いた笑顔で無理にBBQをするよりも、明治時代から続く日本古来の「伝統的アウトドア食」である芋煮をすればいい──。そう主張するのは毎年9月に山形県で開催されている「日本一の芋煮会フェスティバル」の担当者だ。

「大きな鍋で里いもやねぎ、こんにゃく、肉などを煮込む芋煮は、具材にしっかり火を通すから食中毒の心配がないうえ、蓋をするからほこりも入らない。BBQだと火をおこしたり、肉を焼いたりする人にばかりスポットが当たりますが、芋煮会ではみんなで調理を分担して、できあがったらみんなで鍋を囲んで食べる。芋煮には“平等の思想”があるんです」

 女性セブンはBBQブームに続いて芋煮ブームが来ると予測します!

※女性セブン2018年8月16日号