「国際展示場正門」駅は「東京ビッグサイト」駅へと変更されることが発表された(写真:2tcnk/PIXTA)

「船の科学館」駅は「東京国際クルーズターミナル」駅へ。「国際展示場正門」駅は「東京ビッグサイト」駅へ――。

「船の科学館駅」なぜ今、変更するのか

2018年7月9日、株式会社ゆりかもめは新交通ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)の駅名変更を発表した。2019年3月頃に変更される予定だ。


東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら。

ネットの発言を俯瞰すると、「なぜ今になって」「東京国際クルーズターミナルってどこ」という戸惑いや「わかりやすくなった」「もう待ち合わせに困らない」という歓迎などの意見が目立つ。困るという意見は少なくとも筆者の目の届く範囲ではなかったと思う。「船の科学館はむしろ大江戸温泉のほうが」「青梅駅と紛らわしいから青海駅も変更したほうがいい」「市場前駅に市場が本当に来るのか」という声にはニヤリとさせられた。

「なぜ今になって」という声は船の科学館駅に向けられている。船の科学館は1967年の開館で、ゆりかもめ開通は1995年だから、28年も前からそこにある。だから開通時の船の科学館駅の命名は納得できた。ところが、船の科学館は2011年の9月末で本館の一般公開を終了した。6万トンの客船をイメージした建物や展示物が老朽化したからだ。同年3月の東日本大震災も影響し、安全に一般客を迎え入れるにはふさわしくないという判断があったという。青函連絡船羊蹄丸の保存展示も終了し愛媛県新居浜市へ移され、資源リサイクルの研究に供されて解体された。

本館展示施設の終了は「次世代の海洋教育拠点へのリニューアル準備」としていたけれど、建物は現状のまま、資料の保管や研究施設として使われている。現在の船の科学館は、南極観測船「宗谷」など屋外展示物の公開とプールを使った体験学習教室が開催されている。しかし規模は小さい。それでも船の科学館駅は7年間も改名されなかった。「なぜ今頃」と思われても当然だ。

改名のきっかけは船の科学館の沖側に整備中の東京国際クルーズターミナルだ。開業予定は2020年6月。駅名変更は2019年3月頃の予定だから、1年以上前に駅名変更が行われることになる。7月9日に駅名変更が発表された理由は、同時に行われた東京国際クルーズターミナルの開業時期の正式発表に合わせたからだ。

東京国際クルーズターミナルは、晴海客船ターミナルを移転する形で開業する。晴海客船ターミナルは1991年から使われている。しかし、世界的なクルーズ船の大型化に対応できなかった。原因は1993年に架かったレインボーブリッジだ。下は東京湾第一航路、上空は羽田空港による高さ規制という条件で、それでも客船クイーン・エリザベス2が通過できる桁下高さを確保していた。

しかし、近年の海外のクルーズ船が大型化し、レインボーブリッジの下を通れず、やむを得ず貨物船や水産用の大井埠頭を使わざるをえなかった。これではクルーズ船の旅行客に対して「おもてなし」に欠けるというわけで、レインボーブリッジの外側、船の科学館沖に新ターミナルを建設することになった。

東京国際クルーズターミナルは東京都港湾局の管轄だし、株式会社ゆりかもめも実質的に東京都の関連会社である。株式会社ゆりかもめの株主は「東京臨海ホールディングス」が99.9パーセントを保有するが、東京臨海ホールディングスの筆頭株主は東京都知事で、東京都管理団体だからだ。東京港の一体的な整備を考えれば、港の命名と駅名の変更は連動して当然といえる。

ただし、実際の変更時期は2019年3月頃だ。理由をゆりかもめに聞くと、「スイカ、パスモのシステム変更に時間がかかるため」とのこと。毎年3月には鉄道各社の新駅開業などもあり、ダイヤ改正、会社間の連絡運輸の変更などもある。ICカード乗車券システムの変更はまとめたいという思惑もあるだろう。

駅名を変更する理由は

国際展示場正門駅を東京ビッグサイト駅とする理由は、「かねてお客様より要望があった」(ゆりかもめ)からだ。株式会社東京ビッグサイトも株式会社ゆりかもめとおなじ東京臨海ホールディングスの傘下である。施設としての東京ビッグサイトは通称で、正式名称は東京国際展示場だ。

しかし、東京ビッグサイトの通称が一般化し東京国際展示場は駅名くらいしか使われていない。施設の運営会社も東京国際貿易センターと東京国際見本市協会を合併する形で株式会社東京ビッグサイトとなった。

国際展示場正門という駅名の変更については、ゆりかもめ利用者と、グループ会社の東京ビッグサイトの要望が強かったという。ただし、駅名の変更には多額の費用がかかるため実行に踏み切れなかった。

駅名の変更は駅名標だけでは済まない。各駅や車両に掲げる路線図のほか、駅や車両の自動放送、到着案内など、旅客営業と運行管理のシステム変更も伴う。1駅ずつ改名していたら費用が嵩む。しかし、1つやるとなれば、懸案の駅の変更も合わせてしまえばコストは割安になる。今回の2つの駅名変更の費用は約3億5000万円とのことだ。


国際展示場駅(写真:YNS/PIXTA)

ところで、東京ビッグサイトの最寄り駅はもう1つある。東京臨海高速鉄道りんかい線の「国際展示場」駅である。

同線の運行を行う東京臨海高速鉄道に聞くと、駅名の変更予定はないとのこと。「東京ビッグサイトのほうがわかりやすいという声は承知しているが、駅名を変更する費用が膨大で、施策の優先順位は低い」という。ちなみに東京臨海高速鉄道も東京臨海ホールディングスと同様に東京都の管理団体であり、東京都が90%以上の株式を保有している。

ゆりかもめとりんかい線の駅名変更に温度差が現れる理由は、東京臨海ホールディングスの管轄が東京都港湾局と産業労働局の所管、東京臨海高速鉄道は東京都都市整備局の所管だと聞けば腑に落ちる。同じ東京都といっても、所管部署が違うのだ。

もっとも、足並みをそろえて両方の駅ともに「東京ビッグサイト」を使われると紛らわしいことも事実。せっかく片方が東京ビッグサイトとなり、待ち合わせの時に駅名の混同が解消されるから、筆者としてはりんかい線まで改名する必要はなく、むしろそのままでいてもらいたい。

なお、ネットでは「青海駅の改名要望もある」と株式会社ゆりかもめに伝えたところ、「そもそも駅周辺の地名が青海であることから名づけた駅であり、他の駅と文字が似ているという理由だけでは変更しない」とのことだった。とはいえ、「ビーナスフォート前」駅とでもしたほうが利用者に親切かもしれないと個人的には思う。

「副駅名」とは

駅名を変更する代わりに「副駅名」を付けるという方法がある。今年3月、東京メトロは千代田線の二重橋前駅に「丸の内」を併記し、千代田区丸の内地区に近いとアピールした。路線名の丸ノ内線は「ノ」とカタカナで表記するし、もともと付近に丸ノ内駅はないので乗り間違いもないようだ。

駅名変更と副駅名の使い分けが巧みな例は「とうきょうスカイツリー」駅と「押上」駅だ。東武鉄道は2012年に東京スカイツリータウンの最寄り駅の「業平橋」駅をとうきょうスカイツリー駅に改称した。伊勢崎線にも「東武スカイツリーライン」という愛称を与えた。これに対して、別の最寄り駅となっていた押上駅は、副駅名として「スカイツリー前」を掲げた。押上駅は都営地下鉄、京成電鉄、東京メトロ、東武鉄道が乗り入れている。副駅名とすれば、各社の案内表示やシステムを広範囲に変更せずに済む。とうきょうスカイツリー駅と押上駅は、どちらもスカイツリータウンの最寄り駅をアピールし、混同される事無く共存できた。

副駅名に関しては、ネーミングライツとし広告収入源になるという利点もある。東武鉄道の「東武動物公園」駅は「日本工業大学前」という副駅名とシンボルマークを駅名標に載せた。同駅だけの表記変更で、路線図には反映されない。

話題になった駅としては、銚子電鉄の「笠上黒生」駅もある。頭髪ケア製品のメーカーが「髪毛黒生駅」の看板を立てた。そう考えると、ゆりかもめの青海駅の「ビーナスフォート前」は副駅名として魅力的な案件だ。

ランドマークの最寄り駅を示す例も多い

駅名の変更はとても大きな案件だ。しかし、地域を代表する存在だから、地元の人々も訪れる人々にもわかりやすく、地域の実態に合わせて変更すべきだろう。実際の駅名変更も市町村合併による地名変更に由来する例がある。あるいはとうきょうスカイツリー駅や東京国際クルーズターミナル駅のように、新たにランドマークの最寄り駅を示す例も多い。

茨城県龍ケ崎市はJR常磐線の最寄り駅「佐貫」を「龍ケ崎市」に変更すべくJR東日本と交渉中だ。佐貫駅は地域名の佐貫村が由来だった。自治体の合併の変遷を経て龍ケ崎市となり、駅名変更は地域の願いでもあったという。しかしJR東日本としては看板だけではなく、システム変更などもあるため、駅名変更で3億9000万円の費用がかかる。龍ケ崎市はその費用を全額負担する方針だ。

一方、関東鉄道竜ヶ崎線の「佐貫」駅には改名を求めない。竜ヶ崎線の終点は「竜ヶ崎」駅だから、関東鉄道の佐貫駅を龍ケ崎市駅に変更すると、龍ケ崎市駅から竜ヶ崎駅へ、というややこしい状態になる。JR東日本の竜ケ崎市駅を降りて関東鉄道の佐貫駅へ乗り換えという状態もややこしいけれど、どう解決するだろう。

駅名改称の失敗例は少ないけれども、あまり便利ではなかったという場合もある。日本一長い駅名合戦が良い例だ。鹿島臨海鉄道の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅と、南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅は仮名書きで22文字だ。日本一とは縁起がよく、観光ガイドブックでも扱われる。しかし、地域の人々にとっては呼びづらく不便だ。呼びづらい駅から列車に乗る気持ちになるだろうかと心配になる。

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅で下車し、名の由来となった公園の付近で通りすがりの人に「あそこに見える駅はなんという駅ですか」と訪ねてみた。地元ではどんな風に呼ばれているか気になったが、返事は漢字でわずか一文字。「駅」だった。それで困らないから、正式な駅名を覚えていないようだ。

結論。駅名はわかりやすく、呼びやすいほうがいい。