頭痛がする男性

写真拡大 (全4枚)

冷房病とは、暑い季節に室外とクーラーの効いた室内を行きすることで、その急激な気温差に身体が対応できず、自律神経が乱れることで起こります。症状には頭痛や肩こり、眠れない、寝つきが悪いなどが現れます。

ここでは、冷房病の症状とその対策をくわしく説明します。

冷房病とは

扇風機やうちわしかなかった時代に、夏はただ暑いだけでした。ところが、家庭や会社、学校にクーラーが普及して、室内と屋外の温度差が大きくなると、体調を崩す人が増えました。そして、クーラーの影響でいろいろな症状を起こすことを、「冷房病」と呼ぶようになりました。

冷房病は自律神経の乱れが原因です。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は身体を緊張させる神経、副交感神経はリラックスさせる神経です。また、寒いと交感神経が血管を収縮させて体温を逃がさないようにし、暑いと副交感神経が血管を広げて体から熱を逃がします。

交感神経と副交感神経のバランスが良いと、元気で健やかに過ごせます。ところが、温度差が大きいところを短時間で行き来すると、血管を収縮したり広げたりの繰り返しが頻繁になり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。具体的には、室内と屋外の温度差が5度以上あると、自律神経に悪影響があると言われています。

 

冷房病の症状

自律神経は血管や内臓の働き、ホルモンバランス、免疫力などをコントロールしています。自律神経の働きが乱れて血管のコントロールがうまくいかなくなると、手足の冷えやほてり、肩こり、頭痛、腰痛、めまい、むくみ、肌荒れなどが起こります。

胃腸のコントロールが悪くなると、食欲不振や便秘、下痢などが起こります。ホルモンのバランスに悪影響が出ると、生理不順や生理痛、頭痛などが生じます。精神的にも不眠やイライラ感、倦怠(けんたい)感、疲労感などが見られます。免疫力が落ちると、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

 

冷房病になってしまったときの対処法

クーラーをよく使う人が暑い時期に上記の症状を感じたら、冷房病を疑って対策をとる必要があります。冷房病は温冷刺激のために自律神経が不調になったことが原因なので、一度、しっかりと体温をあげてリセットしましょう。

体温には皮膚表面の「皮膚温」と、内臓や脳などの「深部体温」があります。ここでいう体温とは、深部体温のことです。体温を上げるためには、飲食や運動、入浴が有効です。

 

飲食による冷房病の対処

暑い夏には、冷たいものがおいしく感じられます。しかし、冷たいものも少しなら良いですが、食べ過ぎると体の中から冷房病になってしまいます。冷たいものを食べると、それだけで体温が奪われてしまうからです。

サラダより温野菜、冷奴より湯豆腐がお勧めです。飲み物もアイスコーヒーより、ホットジンジャーを飲んで身体の中から温まりましょう。

漢方などでは、身体を温める食材として次のものが挙げられています。

冬が旬のものや根菜類: レンコンやゴボウ、ニンジンなど寒い地域でとれるもの: サケやタラ、リンゴなど色が黒いもの: 昆布や黒ゴマ、玄米など乾燥したもの: 高野豆腐や干しシイタケ、燻製(くんせい)など塩分が多いもの: 漬物や味噌(みそ)、塩辛など発酵したもの: 納豆やぬか漬け、チーズなど

 

運動による冷房病の対処

運動でもっとも手軽なものが、歩くことです。歩くと、全身の血行も良くなります。会社でなら廊下を歩く、家でならその場での足踏みや階段1段の上り下りをしてみましょう。屋外を歩くときは熱中症に気を付けて、なるべく日陰を歩いてください。10分程度の運動を1日に3回すれば、メタボリック症候群の予防にもなります。

 

入浴による冷房病の対処

暑い時期には湯船につからず、シャワーですませる人も多いでしょう。残念ながら、シャワーだけでは体温が十分に上がりません。ぬるめのお湯が好きな人は、38〜40℃のお湯に10〜20分、つかってください。この時間は、連続でなくて細切れでも結構です。お湯から上がって汗が引くころに寝床に入ると、寝つきも良くなり深く眠れます。

熱いお湯が好きな人は、42℃くらいのお湯に5〜10分ほど入って体温を上げましょう。熱いお湯は交感神経を刺激して眠気を減らすので、眠る2〜3時間前に入浴すると睡眠を妨げません。時間があれば、朝に熱いお湯に入ると目覚めがすっきりします。

 

冷房病の予防対策

冷房病にならないために大切なことは、身体を冷やし過ぎないことと、自律神経のバランスを乱さないことの2つです。

 

身体を冷やし過ぎない

身体を冷やし過ぎないためには、クーラーの使い方に気をつけてください。クーラーの設定温度は、外気温との差5℃以内を目安に28℃ほどにしましょう。さらに、クーラーからの風が直接、身体に当たらないようにする必要があります。

多くの人がいて自分のあった設定ができないときは、厚めの上着を着たり膝掛けをかけたり靴下をはいたりしてください。カイロなどを使うなら、血管が多い首やお腹の周り、股関節を重点的に温めると効率が良くなります。

「冷房病になってしまった時の対処法」で述べた、身体を温める飲食物をとったり、軽く運動したり、帰宅後に入浴したりすることも忘れないでください。

 

自律神経のバランスを乱さない

自律神経のバランスを乱さないためには、規則正しい生活をして、ストレスをためないことが大切です。生活習慣の基本は、食事と睡眠です。

次にあげる項目をチェックして、できていないことは一つずつ整えていきましょう。

1日3食、決まった時刻に食べる食べる量は腹8分目にする強い刺激のあるものは飲み食いしないアルコールの摂取を控える毎日6〜8時間の睡眠をとる起床時刻を一定にする目覚めたら日光を5分間あびる午後3時までに20〜30分の昼寝をする眠る前の30分間は電子メディアを見ない
(電子メディア=テレビ、ビデオ、パソコン、モバイル端末、ゲーム機、スマートフォン、携帯電話など)

 

ストレスの対処法

ストレスはなるべくためず、たまったら早めに解消していきましょう。ストレスの対処する方法には、「問題中心対処」と「情緒中心対処」があります。

まず「問題中心対処」です。以下のことを実行してみましょう。

段階ごとに問題を考えてみる問題の解決方法をいくつも考えてみる出来事の状況をもっと詳しく調べてみる問題解決のために積極的行動にでる家族・友人・専門家に相談する

始めの2つは考えるだけですから、眠る前や布団に入ってからでも実行できそうです。ただし、あまり深く考えすぎると、逆に目がさえてしまうので要注意。また、なるべく楽しい解決方法や奇想天外な行動計画を考えることをお勧めします。ワクワクして、良い夢が見られそうですね。

 

次に「情緒中心対処」です。特に「積極的認知対処」と呼ばれているものを挙げます。

その出来事にプラスの面を見つける一歩退いて出来事を冷静に見直すどうにかなると考え、心配しないようにする苦労を良い経験として生かす物事の処理を妨げないように、心を落ち着ける最良でなく、その次に良いことでも受け入れるスポーツで気を紛らわす

 

猛暑日が続く季節に困るのが「冷房病」です。まずはならない工夫をし、なってしまったら早目に対処して、暑い季節を乗り切ってください。

Photo: iStock photos