生活保護受給者が料金滞納で熱中症死 職員が複数回訪問も会えず

ざっくり言うと

  • 札幌市西区のアパートの一室で、生活保護受給者の女性が熱中症で死亡した
  • 部屋にはエアコンや扇風機があったが、料金滞納で電気を止められていたそう
  • ケースワーカーの担当職員は、4〜6月に複数回訪問したが会えなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x