伊藤利尋キャスターが「気象庁によると、7月の全国平均気温は過去最高、降雨量も過去最多を記録した地点が、100以上になったそうです」と伝える。

ところが、新潟では先月(2018年7月)13日以降は0.5ミリ以上の雨が観測されていない。田んぼはひび割れ、深刻な水不足から、新潟県は18年ぶりに渇水情報連絡会を開催した。とくに魚沼コシヒカリが危機的状況だ。

山形では猛暑で水位が低下した最上川に海水が逆流する現象が発生している。

来週からはゲリラ豪雨

この異常気象について天達武史・気象予報士は、「暑さが災害になってきています。今週末以降、猛暑がわずかに和らぎますが、5日の日曜日から天候は5日〜1週間の周期で不安定になり、ゲリラ豪雨の心配が出てきます」と予想する。